HOME > 会社概要

会社概要

社名 ドラーフタイト工業株式会社
DRAFTIGHT INDUSTRY CO.,LTD
本社全体
設立 1974年8月
資本金 8,800万円(授権資本/18,000万円)
事業内容 建築資材の研究、開発、製造、販売
建築工事の管理ならびに施工
建設業の許可番号 国土交通大臣 許可(般-27)第23822号
代表 代表取締役  宇津山昌司
従業員数 36名
取引銀行 西武信用金

立川南口支店
みずほ銀

立川支店
三井住友銀

立川支店
りそな銀

立川支店

事業所・所在地

本社 〒196-0022
東京都昭島市中神町2丁目21番9号
TEL.042-545-6002
FAX.042-545-6008
本社
アクセスマップ 詳細
東日本事業部 〒196-0022
東京都昭島市中神町2丁目21番9号
TEL.042-545-6335
FAX.042-545-6008
西日本事業部 〒564-0043
大阪府吹田市南吹田5丁目21番10号
TEL.06-6330-1512
FAX.06-6330-1541
西日本事業部
アクセスマップ 詳細
東京工場 〒190-0013
東京都立川市富士見町7丁目28番23号
TEL.042-523-7353
東京工場
アクセスマップ 詳細
所沢工場 〒359-0002
埼玉県所沢市中富285
TEL.04-2942-8005

沿革

2015年 2月 成形伸縮目地材「ドラーフタイト」の青竹-25d・黒松-25d、
及び「メジタック」ZU青竹-25d・ZU黒松-25dを発表
2010年12月 国土交通省 一般建設業の認可を取得 (般-22)第23822号
2010年 7月 耐震スリット材「スリットン」A2-Fタイプにスリット幅40mmタイプを追加発表
2005年 7月 耐震スリット材「スリットン」A2-F及びA1-Fタイプを発表
2004年 7月 成形伸縮目地材「ドラーフタイト」の桃・赤松、及び「メジタックZ」の桃・赤松を発表
2004年 3月 再生プラスチック製雨水浸入防止材「リプラエース」発表
2003年10月 高さ可変二重床工法「OK支柱」発表
2002年11月 資本金を8,800万円に増資
2002年 7月 財団法人ベターリビングによる公共住宅用資機材品質性能評価 第一号取得
2001年11月 資本金を6,200万円に増資
1999年11月 資本金を4,500万円に増資
1998年 7月 成形伸縮目地材「ドラーフタイト」の松・竹・梅シリーズ発表
1997年 3月 株式会社トクヤマと業務提携し「スリットドレイン」を開発
1996年11月 資本金を3,800万円に増資
1996年 4月 昭和電工建材株式会社とNALC―Zとその周辺開発製品に関し業務提携
1996年 1月 昭和電工建材株式会社と業務提携しパラペット打込型枠工法「ナルクZ」と「ナルクスカイベース」を開発
1994年 9月 人工地盤緑化工法「グリーンルーフ」を開発
1992年 5月 東京都昭島市の新社屋完成に伴い、本社並びに東京工場を移転
1992年 5月 多目的水上人工地盤「アクアランド」を開発
1991年 9月 資本金を3,000万円に増資
1990年 9月 資本金を2,000万円に増資
1989年10月 防水立上り保護工法「パラブラインド」を開発
1987年11月 本社を東京都中野区から杉並区に移転、同所に東京工場も移転し業務の円滑推進化を行う
1987年 3月 大阪営業所を西日本事業部と改める
1984年11月 大阪府吹田市に大阪営業所を設立
1982年12月 耐震スリット材「スリットン」を岡部株式会社と共同開発
発売開始後、主力商品の一翼を担う
1976年 4月 土木用成形目地板「ポリタイト」を初めとして用途に応じた
成形伸縮目地材を開発・製造し商品構成を広げた販売を展開
1974年 8月 東京都中野区にドラーフタイト工業株式会社を設立し新宿区に東京工場を開設
成形伸縮目地材「ドラーフタイト」を開発し製造・販売を開始